神奈川県議会議員 松崎淳 公式ブログ 夢あきらめないで!

県立金沢養護学校で入学式に出席しました。

 県立金沢養護学校で入学式があり出席しました。みんなで校歌を歌い新入生歓迎のメッセージを贈りました。
 服部潤子校長やPTA会長から心のこもった温かいあいさつを受けた新入学の友達は、昨日一足早く始業式だった児童や生徒と一緒に一日の大半をこの場所で過ごします。
 
 県立の養護学校や特別支援学校は、入学希望者の増加に受け入れの拡大が追いつかない状態にあります。
 金沢養護学校も定員135人のところ、今年度は302人の通学者を受け入れています。

 10年前金沢区には養護学校がなく一時間半から二時間かけて鎌倉まで通学していました。県議初当選の私にとって、最大の課題が金沢養護学校の実現でした。地域の皆様とともに取り組んだ悲願が実り、統廃合で空いた小学校を横浜市から借りて予定より一年前倒しで開校し、その後は年々通学希望者が増えています。他校でも同様の増加傾向が続いています。
 今は過大規模化の解消が神奈川県全体の大きなテーマです。ちなみに135名の定員とは知的障がいと肢体不自由の二つの部門を併設し小中高等部があると言う意味なのですが、金沢養護学校の場合は区内の県立氷取沢高校に分教室を設置して過大規模化に対応する苦肉の策を講じています。
 
 規模の問題を乗り越えて、御本人にとってより中身の充実したものにするとの視点ももちろん大事なこと。予算は取っても学校の新設が間に合わない、既存の学校もこれで十分とは到底言えない現状で、実際のところアベノミクスのかけ声などは遠くかすんで聞こえません。
関連記事
  1. 2013/04/05(金) 23:17:01|
  2. こども