FC2ブログ

神奈川県議会議員松崎淳公式ブログ 夢あきらめないで!

神奈川県議会議員5期目です。人材の国づくりは神奈川から!夢あきらめないで頑張ります!

日米地位協定改定案が渉外知事会特別要望に採択されました

先日の本会議で行った代表質問とそれに続く総務政策常任委員会での質疑を通じ明らかになった日米地位協定に対する県の新たな改定案が、きょう7月30日開催の渉外知事会総会で新たな特別要望に採択され全国15都道府県の知事から共通の要望として外務防衛両省ならびに米国に対し本日要請されました。以下はその内容原文です。

1 日米地位協定の改定に向けた新たな取組
米軍基地に起因する様々な問題の根底には、日米地位協定の課題があり、基地問題の抜本的な解決のためには、日米地位協定の見直しが不可欠です。このような認識のもと、渉外知事会はこれまで、日米地位協定の改定について、6本の柱15項目にわたり求めてきました。国においては、日米地位協定のあるべき姿を不断に追求するとの考え方のもと、運用改善が行われ、日米両国政府間の交渉を経て、2つの補足協定が締結されましたが、その実効性のある運用、透明性を確保する必要があります。
また、平成29年1月に米国の政権交代が行われた後も、日米地位協定の改定に向けた日米交渉は開始されず、日米地位協定そのものの改定には至っていません。日米地位協定の改定は喫緊の課題であり、今や自治体のみならず、国民の願いであるといっても過言ではありません。日米地位協定改定の必要性について、国がしっかりと認識し、行動を起こす
ことが必要です。
このため、渉外知事会では、これまでの要望項目に加えて、日米地位協定の改定を必要とする課題等について、平成29年度総会において新たな検討を開始することを決定し、およそ1年間にわたり検討を行ってきました。本日、その内容を特別要望として提示いたします。この特別要望をきっかけとして、日米地位協定の課題に改めて目を向けていただき、国として、改定に向けた検討と日米交渉を早急に開始することを求めます。
(1) 日米地位協定の改定に向けた日米交渉の実施について
刑事裁判手続きを含む日米地位協定の課題について、政府として検討を行い、改正案を早急に取りまとめること。また、日米地位協定の改定に向けた米国との交渉を早急に開始すること。
(2) 日米地位協定の改定に係る新たな要望項目について
日米地位協定の改定に向けた検討にあたっては、これまで要請してきた事項に加え、次の事項について考慮し、併せて日米地位協定の改定に向けた日米交渉に反映すること。

ア 米軍構成員等による犯罪防止について
米国政府は、平素より、米軍構成員等に対し教育・研修を徹底するなど、犯罪防止のための取組に努めることを規定すること。また、教育研修にあたっては、自治体の意見を反映するなど、実効性の向上に努めることを規定すること。
イ 施設・区域における安全管理の強化について
基地の中における在日米軍の活動については、安全管理に万全を期すなど、基地周辺住民の安全・安心の確保に責任をもって実施することを規定すること。また、日米の関係機関が、基地内の貯蔵物等について情報を共有するなど、日米両国が相互に協力して、基地周辺住民の安全確保に努めることを規定すること。
ウ 施設・区域の外の公共の安全の確保について
基地の外における在日米軍の活動については、日本法令の原則適用を明記し、公共の安全確保に万全を期すことを規定すること。また、基地の外における演習、訓練については、必要最小限とし、事前に安全措置について日本政府と協議を行うことを規定すること。
関連記事
  1. 2018/07/30(月) 22:48:54|
  2. 神奈川県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の炎天下奇跡の連携で人命救助、地元金沢区の平潟湾。 | ホーム | ヘイトスピーチ対策について県の方針を転換させました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanazawakanazawa.blog.fc2.com/tb.php/485-3dabba7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)