FC2ブログ

神奈川県議会議員松崎淳公式ブログ 夢あきらめないで!

神奈川県議会議員5期目です。人材の国づくりは神奈川から!夢あきらめないで頑張ります!

コロナ対策として治療薬アビガンの投与を国に緊急要望

新型コロナウイルス治療薬に関する緊急要望 
 
本県では、1 月 15 日国内初の感染者が確認された後、2 月 13 日には新型コロ ナウイルス感染者の国内初の死亡が確認され、感染が拡大した大型クルーズ船 「ダイヤモンド・プリンセス号」への対応を求められる中、感染経路が判明し ない感染も広がり、県民の不安は増大し、切迫した状況に直面しています。  一方、県では、ヘルスケア・ニューフロンティアの取組みの一環として、京 浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区の枠組みの中で革新的医薬品 の開発を振興する中、富士フイルムグループのファビピラビル、商標名アビガ ン(以下、「アビガン」)の開発や海外展開を支援してきました。  アビガンは、抗インフルエンザ薬として開発されたもので、平成 26 年 3 月、 国から医薬品として承認を受け、国において備蓄をしています。 今回の新型コロナウイルスに関しても、中国において臨床試験が行われ、患 者に投与し、HIV の治療薬との比較試験でも明らかに優位かつ早期の改善効果 が得られたとの情報が寄せられたところです。 こうした状況を踏まえ、本県として下記の事項を国に強く要請しました。 
 
1 県が行う人道的見地からの投与(コンパッショネートユース)の認容とプ ロトコル作成等の支援



 すでに多くの方々が感染し入院して、効果的な治療法がない中、苦しんで いることから、県としていのちを守ることを最優先するために、アビガンに ついて人道的見地から患者に投与する、いわゆるコンパッショネートユース を県内で治療にあたっている 41 の医療機関(2 月 21 日時点)で行いたいと考 えております。そこで国としてこれを認容するとともに次の支援を行ってい ただきたい。 
 
○コンパッショネートユースのためのプロトコルの作成について   アビガンの投与についてはウイルス感染症等の治療に関する専門的な知識 が必要であることから、これを県内医療機関で実際に投与するにあたり、そ のプロトコルの作成にご協力いただきたい。 
 
○アビガンの使用について   アビガンは、他の抗インフルエンザ薬が効かない等の緊急時に限った使用 に限定されており、国内では一般に流通していないため、この使用に関して ご協力いただきたい。 
 

 2 治験・臨床研究の早期開始、早期承認



 同ウイルスに感染し苦しむ多くの方々の治療のために、国として直ちにア ビガンの治験・臨床研究を開始し、迅速な承認に向けた取組みを進めていた だきたい。その際には可能な限り対象医療機関を拡大していただきたい(神 奈川県では 41 医療機関に患者が入院している)。 
 
3 感染した場合重篤化する可能性の高い方々(ハイリスク群)、医療従事者等 に対する予防内服としての投与の開始  



県民・国民の感染に対する不安を解消するため、更なる感染拡大に対する 防止策が急務であり、同ウイルスに感染した際に重篤化する可能性が高い 方々や医療に従事する方々を守るための対策として、これらの方々に対する アビガンの予防内服としての投与を早急に開始していただきたい。 
 
 
関連記事
  1. 2020/02/21(金) 22:14:08|
  2. 神奈川県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<県がLINEでコロナの情報提供を開始 | ホーム | コロナ関連の電話相談>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanazawakanazawa.blog.fc2.com/tb.php/570-24dd5888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)